HOME » 2003年度研究内容

2003年度研究内容

総説

  • 1) 酸化ストレスと生命のスーパーシステム

  • 大阪市立大学大学院 井上 正康

このページの先頭へ

論文

  • 1) ビタミンE固定化ダイアライザー(CL-EE膜)の反復使用による末梢血好中球機能の変化

  • 自治医科大学 鶴岡 秀一
  • 2) ビタミンE固定化ポリスルホン透析膜の血清Lp(a)およびAGEへの影響

  • 府中腎クリニック 島田 貴
  • 3) 透析患者におけるビタミンC投与の酸化ストレスへの影響

  • 東葛クリニック 本橋 和子
  • 4) ビタミンE固定化ダイアライザーの動脈硬化抑制作用と血液粘度に及ぼす影響

  • 湘南鎌倉総合病院 小林 修三
  • 5) テルモ社製ビタミンE固定化ダイアライザー(CL-PSE)の性能評価および、
      長期使用による臨床評価

  • 東京女子医大第二病院 庭山 淳
  • 6) CL-PSE15Nにおける抗酸化作用の検討

  • 泉中央病院 扇谷 博
  • 7) Excebrane™による慢性維持透析患者の酸化ストレス軽減効果:
      新しい酸化ストレスマーカーを用いた評価

  • 香川医科大学 福永 惠
  • 8) 高β2-MG血清の一症例
      −七年間の臨床経過とダイアライザーの変遷−

  • 望星新宿南口駅前クリニック 高橋 俊雅

このページの先頭へ