HOME » 2005年度研究内容

2005年度研究内容

論文

  • 1) 生体内フリーラジカル反応の抑制
      :世界初のフリーラジカル消去薬とコエンザイムQ

  • 東京工科大学 山本 順寛
  • 2) 各種ポリスルフォン膜ダイアライザーの残血性及びヘパリン最少必要量の検討

  • 埼玉医科大学 山下 芳久
  • 3) 新型ビタミンE固定型ポリスルフォン膜の血小板GPUb/Va receptorsに及ぼす影響
      (in vitroにおける検討)

  • 日本大学 倉賀野 隆裕
  • 4) 血液透析中にメチルグアニジンは産生が亢進している

  • 筑波大学 井上 真理子
  • 5) 抗体を用いた酸化LDL測定法

  • 協和メディックス株式会社 益成 利幸
  • 6) ビタミンE固定化ポリスルホンの血中Asymmetric dimethylarginine
      (ADMA)値への影響

  • 岡山大学大学院 森本 尚孝

このページの先頭へ