HOME » 2010年度研究内容 » 総説1

2010年度研究内容

生活習慣病におけるTAGE病因説と食事性AGEsのクロストーク

研究者
竹内 正義北陸大学薬学部 病態生理化学教室

キーワード終末糖化産物(AGEs)、毒性AGEs病因説、AGEsレセプター、食事性AGEs、生活習慣病

要旨

生体内で生成される各種終末糖化産物(advanced glycation end-products, AGEs)の中でも特に糖代謝中間体に由来するグリセルアルデヒド由来AGEs(Glycer-AGE, TAGEと命名)は、AGEsレセプター(receptor for AGEs, RAGE)を介して生活習慣病の発症・進展に強く関わっていることが明らかになっている。一方、食事性AGEsは腸管から吸収された後、一定期間体内に残存し、糖尿病血管合併症はじめ様々な疾患に影響を及ぼすことが報告されている。本稿では、最初に筆者が提唱している“TAGE病因説”について紹介し、食事性AGEsの摂取制限あるいは吸収阻害がTAGE-RAGE系の相互作用を抑え、生活習慣病の発症・進展予防および治療を考える上での新しい戦略となり得ることについて言及する。

このページの先頭へ