HOME » 2011年度研究内容 » 論文1

2011年度研究内容

酸化されたビタミンEコート表面が血小板活性化に及ぼす影響

研究者
塚尾 浩北里大学大学院医療系研究科
東京工科大学医療保健学部臨床工学科
永里 美菜北里大学医療衛生学部医療工学科
小久保 謙一北里大学大学院医療系研究科
北里大学医療衛生学部医療工学科
新保 年弘北里大学医療衛生学部医療工学科
廣瀬 稔北里大学大学院医療系研究科
北里大学医療衛生学部医療工学科
小林 弘祐北里大学大学院医療系研究科
北里大学医療衛生学部医療工学科

キーワードビタミンE ポリスルホン透析膜 血小板活性化 酸化されたビタミンE

要旨

ビタミンEコート透析膜は白血球を介した血小板活性を抑制するものの、直接血小板を活性化している可能性が示唆されている。この原因として、酸化されたビタミンEが血小板を活性化している可能性が考えられる。そこで本研究では、酸化されたビタミンEコート表面が血小板に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。
ブタ血液より作成した多血小板血漿(PRP)をポリスルホン膜透析器(APS-15SA)およびビタミンEコートポリスルホン膜透析器(VPS-15HA)に、血液流量200mL/minで4時間循環させた。1時間ごとにサンプルを採取し、血小板の活性化率を測定した。次にビタミンEをプレートにコートし、これを過酸化水素と紫外線を用いて酸化した。そこにPRPを入れスーパーオキシドアニオン濃度と血小板の活性化率を測定した。
VPS膜と接触した血小板は時間経過とともに活性化し、4時間後の活性化率はAPS膜に比べて有意に高かった。また酸化されたビタミンEコート表面に接触した血小板では、酸化されていないビタミンEコート表面に比べて有意にPRP中のスーパーオキシドアニオン濃度および血小板の活性化率が高かった。
ビタミンEコート膜と接触した血小板では時間経過とともに活性化が進んでおり、またビタミンEコート表面においてビタミンEが酸化されると血小板が活性化されやすくなった。以上より、ビタミンEコート膜では、コートされたビタミンEが酸化されると、血小板が活性化されやすくなると考えられた。

このページの先頭へ