HOME » 2011年度研究内容 » 論文5

2011年度研究内容

ビタミンE固定化透析膜を用いた血液透析がヒト大動脈内皮細胞の
酸化ストレス関連遺伝子発現におよぼす影響

研究者
福原 暁子千葉大学大学院薬学研究院薬物学研究室
小林 カオル千葉大学大学院薬学研究院薬物学研究室
中落 臣諭千葉大学大学院薬学研究院薬物学研究室
吉田 茜千葉大学大学院薬学研究院薬物学研究室
是本 昌英旭化成クラレメディカル株式会社 透析事業部
千葉 寛千葉大学大学院薬学研究院薬物学研究室

キーワード酸化ストレス ビタミンE固定化透析膜 ヒト大動脈血管内皮細胞

要旨

血液透析により生ずる酸化ストレスがヒト大動脈内皮細胞の遺伝子発現に与える影響をポリスルホン膜透析器APS-SAおよびビタミンE固定化ポリスルホン膜透析器VPS-HAを用いて比較した。APS-SAまたはVPS-HAを接続した透析回路にブタ血液を1もしくは4時間循環させた後、経時的に分離した血漿をヒト大動脈内皮細胞に曝露し酸化ストレス関連遺伝子の発現量変化を解析した。その結果、透析前血漿による遺伝子発現への影響が小さい場合には発現量が透析時間依存的に上昇したのに対し、影響が大きい場合には発現量は透析により低下する傾向が見られた。いずれの場合も、APS-SAとVPS-HA間で明らかな差異は認められなかった。以上より、少なくとも本透析回路を用いた単回透析では、ヒト大動脈内皮細胞の酸化ストレス関連遺伝子の発現量に与える透析の影響とビタミンE固定化との間に関連性は見いだせなかった。

このページの先頭へ