HOME » 2011年度研究内容 » 論文8

2011年度研究内容

ビタミンE固定化膜VPS-HAによるESA投与量に関する多施設前向き研究
: VEESA-study (中間報告12ヵ月)

研究者
望月 隆弘亀田総合病院
衣笠 えり子昭和大学
草野 英二自治医科大学
大和田 滋あさおクリニック
久野 勉池袋久野クリニック
兒島 憲一郎帝京大学
小林 修三湘南鎌倉総合病院
佐藤 稔川崎医科大学
島田 憲明江東病院
中尾 一志岡山大学
中澤 了一東葛クリニック病院
西村 英樹東京女子医科大学
野入 英世東京大学
重松 隆和歌山県立医科大学
友 雅司大分大学
佐中 孜東京女子医科大学
前田 貞亮前田記念腎研究所

キーワードVPS-HA ESA 酸化ストレス 貧血 多施設前向き研究

要旨

目的:ビタミンE固定化ポリスルホン膜ダイアライザ(VPS-HA)が、血液透析患者の貧血に対して、貧血治療薬(ESA)投与量軽減などの効果があるか否かを検討する。

対象患者:エントリー基準は、透析導入後1年以上を経過し、機能分類W型PS膜を3ヵ月以上使用し、直近3ヵ月はTSAT20%以上、Hbは10.0g/dL以上12.0g/dL未満を満たす患者とした。

方法:試験参加48施設305症例を、VPS-HAに変更する群(A群)と従来のW型PS膜を継続する群(B群)の2群に分け、研究開始時のHb値を維持(10.0≦Hb<11.0g/dLおよび11.0≦Hb<12.0g/dL)するESA投与量と、エリスロポエチン抵抗性指数(Erythropoietic resistance index: ERI)を主要評価項目とした。副次的評価項目として、鉄剤・降圧薬・高脂血症薬の投与量、末梢血一般検査・血清鉄・網状赤血球数・フェリチン・トランスフェリン・TIBC・間接ビリルビン・高感度CRP・エンドトキシン等の推移について検討した。

結果:VEESA試験開始後12ヵ月が経過し、各症例とも概ね目標Hb値に維持できていた。目標Hb値11.0≦Hb<12.0g/dLの範囲で、VPS群とW型PS膜群を比較すると、開始後6ヵ月以降でERIに差が生じ始め、特にVPS群のdarbepoetin alfa投与患者では、8ヵ月以降で統計的有意差を持ってERIが減少していた。鉄関連指標では、フェリチンの低下、鉄使用量が減少していた。VPS群では、間接ビリルビンの減少や高感度CRPの減少傾向が認められた。

結語:今後もデータを集積し本研究を完結したい。

このページの先頭へ